■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2020年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

ロボット用途のサブモニター
 先日の第2回ロボスターinATCに持って行って、反応がよかったのが「USBサブモニターにも使える8inchデジタルフォトフレーム」です。下の画像の背景で、コンピュータの左側に映っていますね。

 この商品を紹介しておきましょう。白と黒がありますので、お好みで選んでください。




 USBサブモニターですが、給電は別にACアダプターが必要です。
 使い方としては、自律などの条件分岐が多いモーションや長大なダンスモーションなど、フローチャート部分が大きくなりがちなモーションを作成するときに、一番上の画像のようにコンピュータの横に置いて、サブモニターの方にポーズ編集画面、メインのモニターにフローチャート部分を表示するのがいいと思います。
 サブモニターの高さが600PIXになるので、ポーズスライダを縦につめて配置する必要がありますが、フローチャートとポーズスライダの画面の切り替えがほぼ必要なくなるのでモーション作成がかなり楽になります。

 モーション作成に使っていないときにはデジタルフォトフレームとして、自分のロボットのアピールに使うこともできるでしょう。むしろ私はこちらをメイン用途に考えています。
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=189 |
| ロボット | 02:54 AM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑