■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

雲魂弐拾弐
 先週末のことになりますが、毎年恒例の雲魂に行ってきました。会場は今年も斐川町の『四季荘』さんでした。
 雲魂といえば、出雲蕎麦です。というわけで今年も、はじまる前に蕎麦を食べに行きました。

 一件目は、出雲大社近くの『平和そば 本店』。ここでは、温かいそばの「釜揚げそば」を注文しました。
 ここ何年か、この食べ方を紹介しているのでご承知の方もいるでしょうが、ようするにそばをゆで汁(そば湯)といっしょに椀に入れて出してくれます。この上に薬味とそばつゆをお好みで加えつついただくわけです。
 もともとそば湯大好きの私ですから、この食べ方はたいへん嬉しい。
 この店は大変な人気店で、かなり遠方からマイクロバスで来たらしきお客さんや、タクシーでやってくるお客さんもいました。
 薬味がもみじおろしになっていて、ピリカラでおいしゅうございました。


 二件目は、出雲市役所のすぐ近く。ラピタというショッピングセンターの駐車場の中に作られた『そば処 あごう』へ。
 こちらで頼んだのは、一般的な「割子そば」です。じつはこの画像を撮る前に一皿食べてしまって、少し薬味が減っているのですが……。
 割子は薬味とそばつゆを適当に加えて一皿目をいただき、一皿目に残ったそばつゆを二皿目にあけて、さらにつゆと薬味を追加して……という風に順送りにたべるわけです。一皿目にどのくらい薬味を入れるかバランス感覚が問われます(嘘です)
 中央上にある白いお皿には、天ぷらを食べるための塩がちょこんとのっかっております。ここは天ぷらもたいそうおいしゅうございました。



 さて、雲魂弐拾弐の開幕です。
 このイベント、オープニングは宴会となっております。
 上画像のようにひとりひとり立って自己紹介をするイベントというのは、地方大会でも珍しいのではないかと。
 ちなみに宴会の夕食メニューは右画像のようなもの。画像中央左側の蓋の付いた黒い椀はおそばが、左上の鍋は肉でした。

 もう一つ、オープニングでの恒例になっているのが、お祝いのケーキカット。
 今年は(というか「も」というか)地元の作家でスタッフでもある飛浩隆さんの星雲賞受賞のお祝いケーキとなりました。

 SFイベントですから、もちろん企画もあります。だいたいはこんな風に座敷に思い思いに座って話を聞く形式になっています。いや、特に難しいSFの話はしておりません。むしろ馬鹿話やアニメ・特撮の話題の方が多いです。実にゆるゆるの空間です。
 画像の企画は「パン・ちら」という名称で、全国で見つけた面白い「パンフレット」と「ちらし」を紹介するというものでした(笑)
 夕食後、だいたい二時とか三時くらいまで、こんな風な馬鹿話があちこちの部屋で繰り広げられているわけです。

 朝食です。
 いや、もう、普通の朝食ですね。
 この後、クロージングもあったのですが、私は自分の部屋でプリキュアを観ていたのでパス。
 例年ならばその後オプショナルツアーと称してどこかに観光というかそばを食べに行くのですが、今年は案内役が私用で行けないということでしたので、同行のKさんといっしょに境港に行くことにしました。


 境港の魚市場の近くにある『大漁市場なかうら』です。新鮮な魚貝が買える観光地になっています。ここで、家族へのお土産のカニを買って、さて昼食と思ったのですが、近辺にあるお寿司屋さんはみな大変な行列で、なかなか入れそうにありません。
 やむなく米子市まで戻って、回転寿司の看板を見て飛び込みました。(店名メモし忘れました)
 ここも行列していたのですが、わりと流れがよくて、15分くらいで席に案内されました。
 回転寿司なので食べたもの全部を写すわけには行きませんでしたが、見た目からここらしいものを一つと思い、右画像の「母ガニの味噌汁」を。
 卵を持ったメスのセコガニが半分、お椀に入ってきます。卵の部分を掻き出して味噌汁と一緒にいただきました。
 あと、白イカやアジ、アナゴの寿司も美味しかったです。

 今年もなかなかいい食べ歩きでした。
 え? イベントの話をほとんど書いてないって?
 いや、雲魂レポートっていつもこんなですから。すみません。

| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=265 |
| お仕事(小説/SF) | 02:30 AM | comments (2) | trackback (x) |
雲魂は、SFファンが飲んで食べて楽しむイベントです。べつにむつかしいSFの話はしませんが(笑)
| 都築由浩 | EMAIL | URL | 2010/11/24 11:16 AM | NU2/bZXU |

えっと・・・雲魂っていったいなんの会合なんですか?
ってまぁなんとなくわかるんですが、基本美味しいもの食べて談笑する会でおk?w
でも出雲かぁ・・・仕事で米子はいったことあるんですけど出雲はいけなかったなぁ・・・出雲そはたべたいです^^;
| ANIKI | EMAIL | URL | 2010/11/24 10:52 AM | Pz9t7KM. |


PAGE TOP ↑