■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

『CAVE IN』を特価販売中です

 今週末、つくば市のつくば国際会議場で日本SF大会なつこんが開催されます。
 私は今年も電子書籍企画『KindleDirectPublishingの真実』をやることになりました。これを記念して通常500円の拙著『CAVE IN』を期間限定で250円にしました。7月いっぱいの特別価格です。この機会にぜひ。
 SF大会は今週末二日間開催されますが、企画は日曜日の午前中、9:30からの予定です。KindleDirectPublishingで電子書籍を出版したいと考えている方向けの企画ではありますが、「すばらしいから是非やれ」という趣旨ではありません。今現在の日本の電子書籍市場がどんなものか、実際に出展してみるとどんな売り上げ情報が得られるのか、などを解説します。

 上の企画はSF大会に参加費を払わないと入場できませんが、この二日間、私は同じSF大会の中でも無料で入場できるディーラーズルームという場所に、著書を抱えて参ります。現地で販売できるのは紙の本で私が在庫しているものを販売しているのですが、今年は一つ委託販売が決まっています。
 先日亡くなられた島根のSF作家・石飛卓美さんが病床で綴られた闘病記/自伝をまとめて同人誌にした『才のままに生きて努力というものをしなかった小説家の遍(変)歴』を領布します。印刷部数も少ないですし、本来は親戚の方に向けて作られたという貴重な物です。石飛さんを知る方は、こちらも一読の価値があると思います。
 電子書籍に関することなど、雑談だけでのご来場も歓迎ですので、お近くの方はこちらもよろしくお願いします。


| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=456 |
| 研究(聖地巡礼&電子書籍) | 01:31 AM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑