■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

護衛艦かが一般公開

 海上自衛隊最大の護衛艦にして「見た目まるっきり空母」で評判のいずも型。その最新鋭艦である「かが」が大阪港で一般公開されるというので見に行ってきました。
 当日はものすごい人出でtwitterでも話題になっていましたが、私は8時すぎに現地に到着して入場行列に並びましたので、それほど待つことなく艦内に入れました。

 艦内ではまずタラップで甲板下のヘリコプター整備場に乗りこみ、そこから艦尾側エレベータ(ヘリコプターを乗せるためのエレベータで、艦尾側は右舷にあります)で甲板へ。甲板前方のエレベータ(艦首側は全通甲板の中央にあります)で再びヘリコプター整備場へ降りて退艦するという順路になっていました。

 もちろん途中では見るべき所がたくさん。乗組員お手製と思しき缶バッジの販売や子供向けの「自衛艦制服を着ての撮影会」などが甲板上で、Tシャツやバッグ、タオルなどのグッズ売り場もヘリコプター整備場内に設置されていて、どこもすごい行列。画像はまだ人があまり入っていない状態で撮影した整備場です。


 艦橋部に入れないのは残念ですが、甲板上には搭載ヘリや艦内で使用される車輌なども展示されていて、見るモノには事欠きません。


 艦内には下のようなイラストがあちこちに掲げられていて、個人的には実にわかりやすかったですよ。艦これやってない人、知らない人には意味不明だったかもしれませんが(笑)
上にも書いた通り、ヘリコプター整備場の艦尾側にはグッズ売り場が設置されていて右のプラモデルも売られていました。のですが、あまりにすごい行列でいったん並んだものの断念。
大阪港での一般公開ならではのアングルで艦の全体像を撮影するために観覧車に乗ることにしました。

 こちらも私が並んだときはまだ先が見えていたのに、私のあとで急に行列が伸び始めてしまったようです。
 そして、その観覧車からiPhoneで撮影したパノラマ画像がこちら。

 かがの巨大さがよくわかると同時に、岸壁に並んでいる行列のものすごさが……
 実はこの時、この岸壁で2往復半の後ろはさらにずーっと伸びて地下鉄の駅の先までいっていたそうです。待ち時間3時間とか……。さすがにかがの人気はすごかったのです。
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=534 |
| その他 | 09:36 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑