■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

【サクラクエスト】灼熱の湖【聖地巡礼】

 富山県南砺市に行ってきました。
 ズバリ観光振興をテーマにしたアニメ『サクラクエスト』のロケ地を訪ねてきたのです。
 放映当時から行きたかったのですが、なかなか機会に恵まれずこんなに遅くなってしまいました。

 まず最初に行ったのは、作中でも何度も登場した間野山駅こと「じようはな駅」です。
 駅のすぐ横(上画像でいうと左側、バス停を過ぎた先)に市の無料駐車場があります。
 駅舎の右側には別棟のトイレがありましたが、私が行ったときは工事中。
 自動販売機の横のベンチは、実際には顔出し看板が置かれています。
 下画像は駅舎の中で、作中で欄間が設置されたあたり。駅舎周辺に『サクラクエスト』に関連したものは見つけられませんでした。


 駅のロータリーと一般道を区切る案内看板はこんな感じ。
 雰囲気は近いモノがありますが、作中で描かれていたような「ようこそ間野山へ」の大きな看板はありませんでした。

 駅の真向かいに南砺市観光協会の建物がありますが、ここは作中で登場した建物とはまったくデザインが違います。(作中で使用された観光協会の元ネタは、『花咲くいろは』のロケ地の湯涌温泉街の入り口にある観光案内所だそうです)
 こちらでは『サクラクエスト』ではなく、同じく南砺市がロケ地になったP.A.WORKS作品の『トゥルー・ティアーズ』の10周年イベントの告知がありました。
 また、『サクラクエスト』作中で桜池として登場した「桜ヶ池」の案内チラシには『サクラクエスト』とのコラボのものもありました。

 駅の周囲を撮影しているときに、バスが……。作中に登場したあのまんまのバスがやってきました。運転しているのは元王子さまではないでしょうけれど、これはうれしかったですね。

 そのバスの行き先の一つである桜ヶ池についた頃には、陽が高くなっていました。なんとP.A.WORKSの本社もあるというこの桜ヶ池周辺には、作中に登場したロケ地がけっこうあるらしいのですが、この日は気温が37°を超える猛暑日。万全の熱中症対策をもってしても野外での行動は一時間が限界で、ほとんどまわることができませんでした。けっこう大きな池だったんです、桜ヶ池。そんな池の風景はページトップに載せました。
 そんな中、見つけたのはこちらの施設。ボルダリング用の壁ですね。作中ではお嫁さん募集ツアーの中で登場しました。
 チュパカブラ王国の面々の朝食会場でもある喫茶のモデルになったのは、P.A.WORKS本社向かいの喫茶店と言われていますが、建物の雰囲気は下画像のお店のほうが近い気がします。桜ヶ池公園の大駐車場の前にあるみやげ物店併設の喫茶店です。


 さて、暑さにやられて撤退し、再び城端駅近辺です。
 この近くの最大の観光地らしい真宗大谷派善徳寺は、作中にもところどころで登場しています。特にこの門はOPはじめ何度も使われていました。欄間彫刻も見事でした。

 最後に立ち寄ったのは、福光駅前の中華料理店「チュー」。ここではタイアップメニューとして作中に登場した「よろこぶそうめん」を食べられるのです。

 そうめんは作中で言われていた通り、さっぱりしていて、オクラをはじめとする具が夏の暑さに抵抗する力をくれたようで、これを食べたあとだいぶ元気が回復しました。
 この「チュー」から伸びる道沿いの福光駅前商店街は作中の間野山駅前商店街のモデルになったのではないかと言われています。たしかに道幅や歩道の様子など雰囲気は似ているのですがやはりここもそのものズバリという感じではありませんでした。ということで画像はありません。


 正直、作中の風景そのものズバリというのは駅舎以外あまりありませんでした。『サクラクエスト』は風景をアレンジしたり余所の風景とミックスしたりするタイプの作品だったようです。
 最初に観光協会でもらったチラシと最後の「よろこぶそうめん」以外には『サクラクエスト』タイアップらしきものも見当たりませんでした。
 暑さにやられたせいとはいえ桜ヶ池周辺の探索も中途半端に終わってしまったし、イマイチ消化不良な探訪でした。また機会を作って行きたいです。
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=536 |
| 研究(聖地巡礼&電子書籍) | 10:35 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑