■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

【ガーリー・エアフォース】コマツ・コンプリート【聖地巡礼】
前回の続き】目的地の一つである菟橋神社の祭礼のため周辺道路が通行止めに遭い、少し離れた小松駅近くにある駐車場にクルマを止めることになり、駅周辺からロケ地巡りを再開することになりました。

 小松駅前は第5話で慧とファントムが出会った場所です。その後、慧の夢(グリペンのアンフィジカルレイヤー)としても出てきます。
 この日はやはりお祭りに行く人が多く、祭礼への道案内のためのテントが立っていたりして、無人状態を撮影することはできませんでした。
 この駅前広場のすぐ脇にある「こまつ芸術劇場うらら」が、スタンプラリーのポイントになっていて、やっぱりファントムのポップが立っていました。
 実は駐車場はこの「きらら」のすぐ裏側だったのです。ここにはレンタサイクルのサービスもあるので、お祭りでなければここから自転車で回るのも一つの手だと思います。

 駐車場から駅とは反対側に少し歩いたところにあるのがクハ489型電気機関車を保存・展示してある「ボンネット広場」、そして小松駅前の商店街の真ん中に「こまつ曳山交流館みよっさ」があります。これらは第2話で慧とグリペンが見てまわった場所として1カットだけ映りました。同じところで映っていた乾物屋さん「ふる里の味 すみげん」も、商店街の中にあります。また、中出精肉店ではグリペンも大好きという小松基地空自唐揚げも販売されています。

 そして慧の自宅があるという中町通りへ。
 慧の自宅ドンピシャの建物というのはありませんが、この通りにはかなり似た建物が建ち並んでいます。おそらくこれらの家のいろんな要素を組み合わせてあの慧の家がデザインされたのでしょう。
 はっきり作中で映ったのは画像の「中町公民館」の看板が付いた建物ですが、「中町公民館」でGoogleMapで検索しても、小松市内の他の場所が表示されてしまいます。わかりやすいのは「北陸銀行 小松支店」で検索して、その駐車場がある東側の通りが「中町通り」です。



 中町通りから少し西に歩くと、菟橋神社があります。
 なるほど。慧の家からスタートした小松市街地巡りの最初にここに来たのはすぐ近くだからだったわけですね。
 ここも祭礼でお参りの人があとを絶たず、無人状態の画像撮影は不可能でした。

 さらに少し西に行くと、慧とグリペンが入ったラーメン屋『8番ラーメン城南末広店』です。外観も内装も作中と違ってしまっているのは、改装工事があったからだそうです。
 もちろんグリペンと同じ「野菜ラーメン・塩+餃子」のセットをオーダー。ラーメンは優しい味で地元の人に愛されるパターンだなと思いました。やっぱり混んでいてラーメンと餃子が別々に出てきたので、画像も別々です。
 ちなみにここには自分のクルマで来ました。菟橋神社からなら徒歩でも行けますが、帰りに駅前の駐車場まで歩くのが大変そうだったので、一度戻ってクルマ動かしたのでした。


 次にクルマで向かったのは、アルプラザ小松店。作中には何度か登場します。2話のグリペンとのデート以外にも、明華との買い物中にイーグルが割りこんできたシーンなど、複数回登場する舞台です。
 慧と明華がよく利用しているテーブルがあるスペースは、もともとはフードコートだったらしい場所ですが、お店はカウンターを残して無くなっています。すぐ横にファーストフードのチェーン店が2店舗あり、そちらで買ったものを食べるスペースになっているようです。

 ラストの訪問地は、本編には登場しません。スタンプラリーのゴール地点(順序はどの順で回ってもいいようですが、スタンプ台に添えられている番号ではラストの「5」になっていました)の「明文堂書店 TSUTAYA KOMATSU」です。
 1階の明文堂書店さんには『ガーリー・エアフォース』の原作本やコミカライズ版など関連書籍のコーナーが、2階のTSUTAYAにスタンプラリーのポイントがありました。ここにはポップはなく公式のグッズ売り場が併設。
 そんなわけで、スタンプラリーが完成しました。2話『コマツ・ランデブー』の一コマですね。5カ所を巡って1色ずつのスタンプを押すと、5色刷りの版画が完成するという趣向でした。

 というわけで、まる一日、なかなか楽しめた小松のロケ地巡り&スタンプラリーでした。
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=553 |
| お仕事(小説/SF) | 03:07 AM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑