■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年01月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

自転車@上海
 さて、上海で見かけた自転車達というと、ほとんど昔の日本の実用自転車(新聞屋さんの配達に使われていたような三角フレームに荷台が付いたもの)ですが、モペット(エンジン付き自転車・アシストではなくエンジンだけで走れる)が面白いのでそれを中心に。

 上の画像はリアカー付きモペット。今にも朽ちて土に還りそうですが、選んだわけではなくてこんなのばっかり、そこら中走り回っています。
 大通りの角には勝手に開店していると思しき自転車修理屋さんがあちこちにあって、でっかい工具箱一つで仕事をしています。タイヤなどの消耗品もここで売っています。あの手の店ではエンジン関係のトラブルには対処できない気もしますが、その時はペダルをこいでエンジン整備のできるところへ行けばいいわけで。



 こちらは五角場の地下自転車売り場で売られていた、スクーターにペダルがくっついたスタイルのモペット。
 モペットにも二種類あって、実用自転車にエンジンをくっつけたようなのと、これのように見た目はスクーターに近いモノとがあります。
 ドロドロに汚れていて、しかも私が上海にいた間はず〜っと雨だったのでなかなか撮影する機会が無く、お店でこっそり撮影しました。


 同じ自転車売り場にあったロードサイクル。値段は日本円にして二〇万円弱くらいでしょうか。もちろんこの店では一番高価な商品でした。
 私は知らないブランドです。フレームもアルミなのかカーボンなのかわかりません。
 台湾からの輸入品なら、価格的にはギリギリでカーボンフレームの価格帯になりますけど……。どうもアルミな気がする。なんとなくですが。
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=215 |
| お仕事(教職) | 11:29 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑