■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017年08月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■FREE EBOOK■
超初心者のための
RCカー入門ガイド

RCカー(ラジコンカー)入門者向けガイドブック
懸想石
目覚めるとそこは見知らぬ洋館。そしてそこには、入院しているはずの友人が二人…
ザ セカンドドア
不純な動機で訪れた廃墟の洋館。そこは、知られざる世界へ繋がる扉だった…
奇妙なblog
毎日24時間、1時間ごと欠かさずにアップされるblogを発見した主人公は調べはじめる。
つきがちがっては
つかえない

主人公のもとに送り返されてきた一枚の表札。返品の理由とは? 超短編作品。
CSI:MARS
Nippon2007会場で執筆、その場で英訳され日英両言語で発表されたSF超短編。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

2013静岡ホビーショー(その他編)
 静岡ホビーショーのレポート、こちらはあまり急がないかなと言うことで後回しになってしまいましたが「その他編」です。

 まずはタミヤの楽しい工作シリーズから、新作のホイールウォーカーです。
 見た目から尺取り虫的に動くのかと思いきや、じつはこれ、車輪の軸が偏芯していてタイヤを足のように使って動くという見たこともない機構。これが以外に、悪路走破性に優れているのです。
 その走破性についてはタミヤ公式に動画があるのでこちらでどうぞ。


 次に紹介するのは東京マルイのエアーガン。
 銃本体はすでに発売されているスナイパーライフルVSR-10の太いバレルなど一部の仕様を変更したものですが、これが新しいのは画像の右端に見えるヘッドホンの意味(製品に付属するのはインナーイヤー式のイヤホンだそうです)。
 銃と組み合わせてこういうモノがある場合、普通は「銃声で耳を痛めるのを防ぐための、耳栓代わりのもの」というのが普通ですが、これはエアガンなのでもともとそんなに大きな音はしません。
 なんとこれは「BB弾の発射にあわせて銃声を再生する装置」なのです。
 試射ブースがあったので撃ってみましたが、たしかに引き金を引いた瞬間に「ズキューン!」という銃声が……。
 発想の転換です。今後の発展次第では面白いものに育っていくかも知れませんが、現状ではまだ煮詰め不足だなあという感じがしました。
 まず、振動に反応して銃声を再生しているようで、ボルトを操作して装填しただけで銃声が鳴ってしまうこと。暴発させたかと思ってかなり慌てました。
 次に、銃と銃声のイメージが合ってない感じがしました。スナイパーライフルだったらもうちょっと鋭い感じの銃声が欲しいなあ、と。
 試射ブースの係の人とも話したのですが、本当に「今後の」製品だと思います。
 ここからはプラモデル。▽続きの下になります。


 まずはアオシマの1/700ギガント。『未来少年コナン』に登場したあの巨大飛行機ですね。これはモデル化を待っていた熱心なファンが多いようで、話題になっていました。

 バンダイ、VF-1A/S。完全新規金型で完全変形のバルキリー。股関節の部分に工夫があって、バトロイド型の時にハの字に足を開いた状態が可能になっています。
 そしてファイター型のフォルムがとてもいい。
 しかしAとSの共通キットなのに、TV版のメインメカであるJが入ってないのはなぜなんでしょう?(映画版だからかな?)

 こちらはPLATZのブースにありました。Revallの『NCC-1701 エンタープライズ』。最新のJ.J.エイブラムス版に登場するタイプです。

 これはプラモデルではありません。(ただし説明のパネルには「1/1プラモデルと言えるかも知れません」的なことは書いてありました)
 この95式軽戦車は、映画のプロップとして製作された何両かのうちの一両だそうで、今回このホビーショーのために展示品として運び込まれました。

 ということで今年の静岡ホビーショーのレポートはこのくらいで。他にもいっぱい観るところはあったのですが、どこまでも紹介しているとキリがないので。
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=418 |
| その他 | 12:13 AM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑