■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■FREE EBOOK■
超初心者のための
RCカー入門ガイド

RCカー(ラジコンカー)入門者向けガイドブック
懸想石
目覚めるとそこは見知らぬ洋館。そしてそこには、入院しているはずの友人が二人…
ザ セカンドドア
不純な動機で訪れた廃墟の洋館。そこは、知られざる世界へ繋がる扉だった…
奇妙なblog
毎日24時間、1時間ごと欠かさずにアップされるblogを発見した主人公は調べはじめる。
つきがちがっては
つかえない

主人公のもとに送り返されてきた一枚の表札。返品の理由とは? 超短編作品。
CSI:MARS
Nippon2007会場で執筆、その場で英訳され日英両言語で発表されたSF超短編。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

伊豆下田 再探訪

 修善寺で開催されたR/Cカーのレースの翌日、二度目の伊豆下田に行ってきました。
 トップ画像は、TVアニメ『夏色キセキ』のOPなどで印象的に使われている、下田公園開国広場の展望台です。

 前日のレースのあと、韮山に宿をとって朝から移動。下田に着いたのはお昼前……ということで、最初に行ったのは道の駅・開国下田です。
 ここで下田バーガーを食べるのか、ここに来た時のお約束。『夏色キセキ』作中でも「1000円バーガー」として登場した、キンメダイのフライをメインにした美味しいバーガーです。
 店内の様子も作中そのもので、壁には放映当時にタイアップで作られたであろうコースターが展示されています。

 で、今回の目的は、前回来た時に撮れなかった写真を補完することだったのです。その場面たちを、▽続きの下に。

 前回撮れなかった場所。その最大の場所はペリーロードの風景でした。
 すごくいいところなのに、なぜか2〜3枚しか撮影しておらず、のちに画像を使いたい時に歯がゆい思いをしていたのでした。
 そんなわけで今回はたくさん撮影してきました。



 もう一箇所は、商店街の中にある「ハリスの足湯」の内部写真。
 外観はたくさん撮影していたのですが、前回来た時は常に中に人がいて、中を撮影することができなかったのです。
 今回は駐車場もこの近くに確保できたし、うまく無人のタイミングを見計らって撮影してきました。

 下田公園からペリーロードに降りる階段も、『夏色キセキ』のOPで印象的に使われた場所です。この画像は実際に使用されたのとはアングルとか位置とか微妙に違いますが……
 アニメの映像そのものはiPadに入れて持っていってたのですが、クルマに置きっぱなしにしてしまって撮影時に確認することができませんでした。失敗失敗。


『夏色キセキ』の主人公の一人、凛子の家は、神社の神主さんです。
 作中「姫石神社」とされていたその神社は、「八幡神社」という名前で商店街のすぐ北にあります。その神社そのものの画像は前回も撮影したのですが、縁日の屋台が出ていたためにこの社務所の写真が撮影できなかったのでした。今回はこのとおり、キレイに撮れました。
 拝殿の横には絵馬を吊る場所があって、そこに画像のような公式のイラスト入り絵馬や、自作のイラスト入り絵馬がたくさんかかっていました。

『夏色キセキ』放映終了から2年。商店街やペリーロードに『夏色〜』を想起させるものはほとんどなくなっていました。前回訪問時にお話をうかがったギャラリーも閉まったまま、中に「お石様」が見えるだけ。正直、少し寂しい気がしました。
 そんな中、八幡神社には上のような絵馬があって、ファンからはまだ愛されている作品だなあと思ったり。
 のんびりしたいい街なので、また行きたいところです。
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=444 |
| 研究(聖地巡礼&電子書籍) | 10:24 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑