■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

【ゆゆゆ/結城友奈は勇者である】観音寺でオンリーイベント聖地開催を見学【聖地巡礼】

『結城友奈は勇者である』の舞台となった四国は香川県の観音寺市を再び訪ねました。
 今回は日曜月曜の一泊旅行となったのですが、その理由は上の画像にあります。
 日曜日に聖地のど真ん中にある「世界のコイン館」で『勇者部満開- 勇者部心得、ふたぁつ! -』という結城友奈オンリーイベントが開催されたのでした。
 聖地開催イベントとしては艦これオンリーの『砲雷撃戦よーい!』以来。ていうか艦これの場合は聖地というよりは「旧日本海軍基地近辺」なので、厳密な意味での「アニメの舞台になった土地でのオンリー即売会イベント」に行くのは初めてということになるかもしれません。

 会場がそれほど広くないこともあり、イベント自体はこじんまりした印象でしたが、聖地開催ということで前日の土曜日から讃州中学のモデルになった中学校の中を見て回ったり、イベントの前夜祭などが催されたようです。
 開場時入場者も大変多くて、会場がいっぱいになっていました。当日は市街地を巡るスタンプラリーも開催されていたようなので、スタンプを集めてから入場してくる人もいたでしょうから、小規模なオンリーイベントにしてはなかなかの集客だったのではないでしょうか。

 イベント会場の前のテントでは地元の美味しいモノの販売も行われていて、私は「漁師丼」をいただきました。なんかいろいろ入ってて、温泉卵をからめながら食べるとおいしかったです。
 月曜日に行った聖地巡礼の話は、▽続きの下に





 月曜日は、前回訪問時(偶然ですが、前回訪問も2月28日だったようです。今、前の記事を見て気付きました)に行けなかったり、いい画像を撮影できなかった場所を回る予定でしたが、朝からあいにくの曇り空。
 まずは前回も訪ねた手打ちうどんの「つるや」さん(作中では「かめや」になっています)で、風先輩の女子力の源である「肉ぶっかけうどん」を食べてから、出発しました。



 観音寺市を離れて丸亀市に入り、丸亀城を訪ねました。アニメ第10話の東郷さんの回想シーンの中に登場したお城です。前回訪問時は、到着が遅くなってしまって見学時間を過ぎてしまっていたのでした。
 ここの天守閣は、江戸時代に建てられた木造天守閣が現存しているもので、日本に12カ所しかない現存天守の一つに数えられています。
 天守閣は小振りですが石垣の高さは日本一だそうで、その石垣の上に建つ天守閣を見に行くということは……
 そう。かなりの急な上り坂があるということです。勾配がかなりきつくて、いきなり「あ、これ、無理かも……」と思ってしまいましたが、なんとか休み休み登ってきました。
 天守閣内部の見学は200円。内部はアニメでは描かれていませんでしたが、江戸時代のものがそのまま残っているわけですから、当時の「城」を知るには絶好の機会ということで入ってきました。土足は禁止なので備え付けのスリッパに履き替えるのですが、階段がものすごく急で、特に下りは手すりにつかまって一段ずつゆっくり降りなければいけませんでした。
 丸亀市街を一望できる眺めは最高ですのでおすすめですが、高所恐怖症の人にはちょっと……かもしれません。


 次に向かったのは坂出市。前回、なにかの作業中でブルーシートがかかった写真しか撮れなかった瀬戸大橋記念館の屋上展望台の画像を撮り直しです。
 月曜日は瀬戸大橋記念館が休館日で内部の展示は見られませんが、階段で登っていけば屋上展望台には出られます。(開館していればエレベーターで昇れます)
 この日は風が強くて寒くてなかなかキツい状況でしたが、一年越しでいい絵を撮影することができました。


 今回は坂出市にもう一カ所行きたいところができました。
 アニメからスピンオフした前日譚を描く小説『鷲尾須美は勇者である』に登場しているショッピングセンター「イネス」こと「イオン坂出店」です。
『鷲尾須美は勇者である』は、その名の通り鷲尾須美=東郷さんが記憶を失っている小学校6年生時代にやはり勇者として戦っていた時のストーリーで、こちらの舞台は坂出市になっています。
 アニメを観たあとで読むと「そうだったのか!」と思わされるところがいっぱいあるので、お勧めということで、右にamazonへのアフィリエイトリンクを貼っておきます。


 ここでは小説の中で三人の勇者が食べていたジェラートを食べてきました。寒かったけど、がんばって。本気で寒くなってしまったらうどんもあるので。
 ちなみに小説の中では超巨大ショッピングモールとして描かれていたイネスですが、イオン坂出店はイオンとしてはそれほど大きい店ではありませんでした。


 というところで、今回の観音寺/丸亀/坂出の探訪はここまで。
『勇者である』シリーズは現在も小説として『乃木若葉は勇者である』として展開中ですので、新たな「聖地」もまだまだ出てきそうです。うどんも美味しいので、また行きたいところですね。
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=495 |
| 研究(聖地巡礼&電子書籍) | 08:05 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑