■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017年08月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■FREE EBOOK■
超初心者のための
RCカー入門ガイド

RCカー(ラジコンカー)入門者向けガイドブック
懸想石
目覚めるとそこは見知らぬ洋館。そしてそこには、入院しているはずの友人が二人…
ザ セカンドドア
不純な動機で訪れた廃墟の洋館。そこは、知られざる世界へ繋がる扉だった…
奇妙なblog
毎日24時間、1時間ごと欠かさずにアップされるblogを発見した主人公は調べはじめる。
つきがちがっては
つかえない

主人公のもとに送り返されてきた一枚の表札。返品の理由とは? 超短編作品。
CSI:MARS
Nippon2007会場で執筆、その場で英訳され日英両言語で発表されたSF超短編。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

はれかぜカレーを作ってみた

 なんだか萌えミリが元気ですねえということで、先日からはじまったアニメ『ハイスクール・フリート』ですが、作中に登場した「はれかぜカレー」をお手軽に再現してみました。
「お手軽に」が大事なので、カレー自体はレトルトです。とはいえやはり「はれかぜ」なので、横須賀海軍カレーの老舗「魚藍亭」ブランドを選びました。
 作中でセリフにあったブルーベリージャム(スプーンに山盛り1杯)と、「甘口なのにこくがある」ということでチョコレートをひとかけら加熱途中で加えてあります。
 本来はおそらくにんじんで作られている猫足の具材は、太さの違うソーセージを並べて再現しています。にんじんは下茹でが必須になって「お手軽」じゃなくなってしまうので。
 船首波を再現するのは本来は生クリームかサワークリームを使うといいのですが、これも「お手軽」にコーヒーフレッシュを使用しました。


 はれかぜカレーであることを示す旗も作りました。
 25×35mmの旗をデザイン、二つ横に並べてタックシールに印刷し、爪楊枝を折り込む形で半分に折っただけのお手軽仕様です。


 艦橋を形作るゆで卵は、レトルトを暖めるのと同じ鍋でゆでました。湯煎時間の関係で卵の方を先に入れておく必要があります。
 猫手の大きな方のソーセージだけは軽くソテーしてあります。小さな方はいわゆる「魚肉ソーセージ」なのでそのまま。
 ゆで卵は殻をむいたら底の部分を少し切って立てやすくして、艦橋を模した切り込みも包丁でつけ、船の形に盛りつけたご飯の上にのせて旗を立てます。
 ご飯の周囲にカレーを注いでから猫手のソーセージを並べて、コーヒーフレッシュを垂らします。このフレッシュを垂らすのが難しくて、なかなか思うようにいきません。
 本当は猫手は三つなのですが、お皿が小さいので三つは並べられませんでした。
 というわけで出来上がったのが下画像。
 カレーは撮影後おいしくいただきました。(いや、最初からブランチ用に作ったモノだから)


| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=496 |
| その他 | 03:06 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑