■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2017年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■FREE EBOOK■
超初心者のための
RCカー入門ガイド

RCカー(ラジコンカー)入門者向けガイドブック
懸想石
目覚めるとそこは見知らぬ洋館。そしてそこには、入院しているはずの友人が二人…
ザ セカンドドア
不純な動機で訪れた廃墟の洋館。そこは、知られざる世界へ繋がる扉だった…
奇妙なblog
毎日24時間、1時間ごと欠かさずにアップされるblogを発見した主人公は調べはじめる。
つきがちがっては
つかえない

主人公のもとに送り返されてきた一枚の表札。返品の理由とは? 超短編作品。
CSI:MARS
Nippon2007会場で執筆、その場で英訳され日英両言語で発表されたSF超短編。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

【氷菓】加茂荘花鳥園の鳥たち【聖地巡礼】

 今回は掛川の加茂荘花鳥園という所に行きました。掛川市には「掛川花鳥園」というところもあるので間違いやすいですが「加茂荘花鳥園」です。
 ここはもともと古くから続く庄屋のお屋敷の広大な敷地を利用して巨大な温室(広すぎて温室に見えないですが)を作り、そこで花と鳥を愛でることができるというところ。
 温室の外に出てもお屋敷の前の池には花菖蒲がたくさん植わっていて、放し飼いの鴨がたくさん。小さな紙コップに入れられた鳥たちのエサもあちこちに置かれていて、鳥とのふれあいを楽しめます。鳥たちも慣れていてヒトが来ると食べ物をもらえるのですごい勢いで寄ってきます。
 温室の中では猛禽類のフライトデモということでフクロウとミミズク、ワシが飛ぶところを見せてもらいました。目の前を低空飛行するのでなかなかの迫力です。
 フライトデモの後は鳥を手の上に載せて記念写真を撮るサービス(有料)もあって、思わず最新大人気アニメで「助手ちゃん」と呼ばれているワシミミズクを指名して撮影してもらいました(笑)


 さて、ここに来たのはワシミミズクと写真を撮るためではありません。本命は古いお屋敷にあります。
 このお屋敷は『氷菓』のヒロイン千反田えるの自宅のモデルになった建物なのでした。『氷菓』のメインのロケ地はもちろん岐阜県の高山市周辺ですが、なぜか「えるの家」だけが掛川市にあるのです。
 まずはページトップに使用した長い白壁の中央にある門。周囲の様子は作中とはまったく違いますが、門自体はよく再現されています。

 ただしこの門は現在は入り口としては使われていません。花鳥園の入場口はこの画像で言うと左側にもう少し進んだところにあります。
 この門から入っ(たと仮定し)て、花菖蒲の植わった池の間を抜け、お屋敷の門へ。この辺りの構造は作中でも上空からのカットで映っていましたが、この前庭部分は登場しませんでしたね。


 お屋敷の内部は間取りは少し変わっている気がします。あちこちが狭くなったり広くなったり、サイズの調整が行われているような……。他にも障子で仕切られているいくつかの部屋を一つの広い部屋として描写するなど、アレンジが入っているのでしょう。かまどなどの細部はそのままありました。

 奉太郎がお手洗いを借りようとして迷った迷路のような構造は、江戸時代からあったお屋敷に明治大正と何度も増築改築を繰り返してきたためだそうです。えるの部屋のモデルになったとされている部屋もありましたが、作中で描かれているよりだいぶ狭い感じ。

 味噌蔵を改造した休憩所のようなスペースのかたすみに、『氷菓』の聖地巡礼客向けのコーナーがありました。

 その休憩所で、「食べる甘酒」というものをいただきました。期間限定のサービスだそうです。餅米を酒と同じ麹で発酵させて煎ったものだそうで、アルコール分はないので運転手でも食べられます。あと口のすっきり感が上質な日本酒のそれを想起させて美味でした。


 アニメ『氷菓』4話で縁側から見えていた中庭の池も実際にあります。やっぱり鴨が泳いでいて、人の気配があると寄ってきます。ここにもエサの紙コップが置かれているので、餌やりをすることができました。
 なおこのお庄屋さんのお屋敷は、一階部分はこうして観光施設として公開されていますが、二階は現に住居として使用されているそうです。このブログでは「現に使用されている個人宅は紹介しない」という原則があるのですが、観光施設にもなっているということで今回は紹介致しました。

『氷菓』の聖地巡礼をするつもりで行った加茂荘花鳥園でしたが、花鳥園の方が思いのほか楽しくて写真を撮るのを忘れてしまったところが多数。そんなわけで、画像少なめのレポートになってしまいました。
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=521 |
| 研究(聖地巡礼&電子書籍) | 10:39 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑